ヘルスケア情報

2013.10.25

教えて!薬剤師さ~ん

FBCラジオ 教えて!薬剤師さ~ん H25.10.17放送
エンゼル調剤薬局本店 原諒子先生
「薬局で相談しよう!」

薬剤師:薬局で相談したことはありますか?

アナウンサー(以下AN):処方せんを持って行きお薬を頂く事はありますが、相談した事はありませんね。色々と説明をして頂けるので、聞いている事がほとんどです。

薬剤師:アナウンサーさんのように薬局は薬をもらう場所で、相談なんてと思っている人が多いと思います。
そこで今回、薬剤師の仕事を理解してもらい、ぜひ相談の機会を増やしてもらいたいと思っております。

AN:まずは薬剤師さんが、処方せんを持って行った時にどんな事をされているのか教えて下さい。

薬剤師:はい。
まず相互作用といって、薬の飲み合わせを確認する事が薬剤師の大切な仕事に一つです。
以前、血液が固まり過ぎるのを防ぐワーファリンを飲んでいる人は納豆を食べてはいけないというCMがあったのを覚えていらっしゃいませんか?

AN:なんとなく覚えています・・・

薬剤師:他にも一部の血圧の薬やコレステロールの薬を飲んでいる人はグレープフルーツジュースを飲んではいけない場合があります。

AN:そうなんですね。

薬剤師:薬同士の飲み合わせで薬が効きすぎてしまう、逆に効かなくなってしまう事もあるので、その確認も行っています。

AN:効きすぎたら怖いですし、治らなかったりしたら嫌ですね。

薬剤師:その通りですね。
ラジオを聞かれている方の中には、複数の医療機関にかかっている方もいらっしゃると思います。
「私は決まったとこにしか行かないよ。」といわれる人もいるかと思いますが、歯が痛くなって歯医者さんに行ったりしませんか!?

AN:確かに内科や整形外科に通ってる人でも、歯が痛くなったら歯医者さんに行きますもんね。

薬剤師:はい。
そんなとき、同じ薬や飲み合わせの悪い薬が出ていることもあります。
薬局で処方せんに書いてある薬を渡すだけでは、飲み合わせの確認ができません。
そこで、患者さんから、「こういう薬を飲んでいるけど一緒に飲んでも大丈夫?」と一声かけてもらえるだけで悪い飲み合わせを防ぐきっかけになります。

AN:はい。でも、薬の名前までなかなか覚えられませんが、何かいいアイデアはありますか。

薬剤師:確かにカタカナで長い名前の薬も多いので、名前を覚えられない人もいらっしゃいますね。
以前、他の薬剤師からも話があったと思いますが、そこで活躍するのが「お薬手帳」です。

AN:確かにお話を聞いた事があります。
飲んでいるお薬の情報が書いてある手帳ですね。

薬剤師:その通りです。
お薬手帳は薬の情報を冊子にまとめたもので、主に薬の名前や飲み方、注意事項について書いてあります。
この手帳を薬局で提出してもらえるだけで薬剤師が飲み合わせや同じ薬が出てないか確認ができます。
ここで、よりお薬手帳をうまく活用してもらえるように「5つのいい事」を紹介させていただきます。

1つ目のい:医療機関にかかる時は必ずもっていきましょう。
体調に合わせて薬が変わると、飲み合わせも変わってくるので必ず伝えましょう。
2つ目のい:言いたい事、伝えたい事を書きましょう。
お薬手帳は薬の情報だけ書き込まなければいけないものではありません。
薬を飲んで気になったこと書き込んで頂けると、副作用かもしれないと疑うことができます。
飲みにくかった薬は、次回違う薬に変えて少しでも薬の抵抗感をなくすことができます。
妊娠中と書いてもらえるだけで妊婦でも安全な薬か確認できます。
3つ目のい:一般用医薬品、健康食品も書きましょう。
ドラッグストアで売っている薬にも注意が必要です。
例えばグルコサミンは血糖値を上げるため、糖尿病の人は避ける必要があります。
4つ目のい:一冊にまとめましょう。
病院ごとに分ける人がいるが、飲み合わせを確認するには一つにまとめることが大切です。
5つ目のい:いつも持ち歩いて、同じ場所に保管しましょう。

AN:「5つのいい事」
名前の通り、私たちに大切な「いい事」ですね。
最後にお伝えする事はありますか?

薬剤師:はい。
東日本大震災でお薬手帳が非常に役に立ったと報じられています。
電子媒体でなく、アナログな手帳であったので停電時でも影響受けることなく、確実な情報を伝える事が出来たそうです。
また、お薬手帳を持っていた人はすぐに薬が支給された事で、お薬手帳の意味を見直すきっかけになりました。
口頭だけでなく、お薬手帳を通じた相談を薬剤師にして頂き、より健康への意識を高めて頂ければ幸いです。


Posted by 篠田専務 at 13:06 コメント(0件)

2013.04.04

薬剤師について

013年4月4日(木)  教えて薬剤師さ~ん

テーマ:『薬剤師』について
出演者:福井市薬剤師会 会長  篠田 秀幸(しのだ  ひでゆき) 様



AN:教えて薬剤師さ~ん。このコーナーは『福井市薬剤師会』の提供でお送りします。
   新年度、最初は福井市薬剤師会の会長でいらっしゃいます、篠田秀幸さんに
   スタジオにお越し頂きました。篠田さん、こんにちは!

篠田様:こんにちは!

AN:今日は、どういったお話でしょうか?

篠田様:今日は薬剤師についてお話しします。

AN:今日はズバリ、「薬剤師さん」がテーマですね。

篠田様:そうですね。病気の治療や予防、健康の維持などのために、薬は私たちの生活に欠かせないものになっています。病気やけがで、病院や診療所にかかって
薬をもらったり、体調がすぐれないときに町の薬局・薬店で大衆薬を購入したことがあると思います。
     こうした薬が製薬企業で作られ、医療機関や薬局等を経由して消費者の手に
届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関わっているのが薬剤師です。
 
 AN:この薬剤師さんの任務というのは法律でしっかりと規定があるそうですね?

篠田様:はい。薬剤師の任務は、薬剤師法という法律で「薬剤師は、調剤、医薬品の
供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に
寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されています。

AN:薬剤師さんというと、薬を調剤する人というイメージですが?


篠田様:はい。薬剤師の最も代表的な業務は調剤です。最近、薬剤師は医師の処方せ
んどおりに薬を正確かつ迅速に調製するだけではありません。薬の有効性、
安全性を確かめて、正しい使用をすすめるために、処方された薬に関する
副作用や併用している薬との飲み合わせなどについて、患者の体質やアレル
ギー歴、これまでの服薬状況等をまとめた記録(薬剤服用歴の記録)と照合
します。また、患者との対話で疑問点があれば処方医に照会したうえで調剤
することが必要となっています。
 
 AN:単に調剤するだけじゃないんですね。

 篠田様:そうです。調剤した薬はそのままでは単なる物ですので、そのものが薬として適切に服用されるためには、個々の患者に合わせた服薬指導を行わなければなりません。
     また、処方医にも必要な情報を提供することが求められるようになってきており、こうした業務をするに当たって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。
  
 AN:薬剤師さんというと、薬局だけでなく、病院に勤務されている方もいますよね?

 篠田様:そうですね。病院勤務の薬剤師の場合は、薬剤部門内での調剤業務に加えて、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度を測定したり、医師や他の医療スタッフと共に入院患者の病床に赴き、薬剤師が直接患者に、使用している薬についての服薬指導や注射薬の管理などを行う臨床活動も活発になっています。
同じように町の薬局でも、薬局の調剤室内での調剤業務に加えて、寝たきり
老人など在宅患者の家を訪問し、服薬指導や薬剤管理指導などを行う在宅医療業務も増えています。

AN:今、お話をお聞きしていると、あらためて薬剤師さんは薬のスペシャリストなんだなぁ、と思うんですが、その薬剤師さんになるにはどうすればいいですか?

篠田様:はい。薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。受験資格は、薬剤師法によって平成18年4月の大学入学者から、薬学の正規の課程のうち修業年限を6年とする課程を卒業した者(経過措置あり)とされていますので、まず、大学に進学することが必要となります。
     薬剤師国家試験は、例年3月に2日間の日程で実施されています。
篠田様:試験に合格すると、申請により厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、厚生労働大臣から薬剤師免許が与えられます。

 AN:(受けて)高齢化が進むと、ますます薬剤師さんが頼られる存在になってくると
思われますが?

 篠田様:そうですね。高齢化社会の到来、医療の高度化に伴う医薬品の適正使用の推進といった社会的な要請に応えるため、質の高い薬剤師が一層求められています。私たち福井市薬剤師会も、今まで以上に薬に関する研究を深めてまいります。

 AN:(まとめて)
    今日のこの時間は、福井市薬剤師会の会長でいらっしゃいます、篠田秀幸さんに
    お話を伺いました。
    篠田さん、ありがとうございました。
 
篠田様:ありがとうございました。

AN:教えて薬剤師さ~ん。
このコーナーは『福井市薬剤師会』の提供でお送りしました。



Posted by 篠田専務 at 14:55 コメント(0件)

2012.10.31

子育て広場

平成24年10月30日FBCラジオに当社の嶋田沙織薬剤師が出演しました。岩本アナウンサーの好リードでスムーズにスピーチできました。

岩本:毎月最終週は、子育てマイスターの方をスタジオにお迎えし、子育てをする上で気を付けたいことや、アドバイス、子育てに役立つ情報などをお伝えします。今日は子育てマイスターで薬剤師の嶋田沙織さんにお越しいただきました。
   こんにちは。よろしくお願いします。

岩本:今日はどんなお話でしょうか?
嶋田:はい、今日は「子どもと薬」についてです。

岩本:これからの季節、小さいお子さんにとって、体調を崩しやすい時期です。中でも、
   これからの時期、気になるのはインフルエンザ感染ですよね。
嶋田:そうですね。インフルエンザは、急激に発症しやすく症状が重いことが多いのが特徴です。感染した時の症状としては38℃以上の高熱や筋肉痛、関節痛などの全身症状が特徴的です。インフルエンザの予防接種は、13歳未満は原則として2~4週間の間隔をおいて2回接種します。
   感染予防で気を付けたいことは、マスクの着用、咳エチケット、手洗い・うがい・消毒ですね。インフルエンザの感染は患者からのくしゃみや咳からの飛沫を吸い込む以外に、飛沫が付いた手指が口や鼻に触れることでも成立しますので、特にお子さんには外から帰ってきた後の手洗いとうがいを徹底していただけたらと思います。
   また保湿、室内の適度な湿度を保ることも予防には有効ですので、ぜひ実行してみてください。

岩本:インフルエンザに感染した場合の薬はどういったものがあるのでしょうか。
嶋田:薬に関してですが、ウイルスの増殖を抑えてくれる飲み薬のタミフル、吸入薬のリレンザ、イナビルの3種類が主な薬としてあります。その他に様々な症状に対して、熱や痛みには解熱鎮痛の薬、鼻水・くしゃみにはヒスタミン剤などのアレルギーの薬、咳・痰には咳止めや痰を出しやすくする薬が使われます。ただし、どの薬でも使えるというわけではなく、その時の年齢、症状等を判断してお薬が出されます。患者様それぞれに出されたお薬を用法用量を守ってしっかりと飲んで頂きたいと思います。

岩本:薬以外に対処法はありますか。
嶋田:そうですね。十分な睡眠、十分な水分の摂取、消化がよく栄養のある食事をとりしっかりと休養することが大切ですね。そして集団感染を予防するために、外出するのは発症してから5日間かつ、ウイルスが体の中に残っていることも考え、熱が下がってから2日、幼児は3日間程度は控えてください。

岩本:小さいお子さん用の薬としては、液体の飲み薬・粉薬が多いかと思いますが、薬を嫌がって、なかなか飲んでくれない・・・と悩んでいる方もおおいですよね・・何か工夫はありますか。
嶋田:そうですね、粉薬には飲みやすいように味がついているものが多いですが、それでも飲めない場合は、小さいお子さんに対しては少量の水でお団子状にして、上あごや頬の粘膜に塗り付け白湯で飲ませてあげたり、スポイトや小さいスプーンを使い少量ずつ口の奥にいれ唾液と一緒に飲ませてあげて下さい。もう少し大きいお子さんですと、ジュースやアイスクリームといった好きな食べ物に混ぜて飲ませてあげることも出来ますし、服薬補助ゼリーというものも薬局には売っていますので試してみてください。ただしお腹がいっぱいで飲みきれないと効果が小さくなってしまいますので、飲みきれる量に混ぜてください。またお薬によっては混ぜる食べ物やジュースによって味が変化して苦味が出ることがありますので、お薬をもらう際に薬剤師に相談して頂けたらと思います。


岩本:薬を飲ませるタイミングですが、どのようなタイミングで飲ませてあげればよいでしょうか。
嶋田:そうですね、用法の説明はあると思いますが、食後のお薬であっても満腹の時や食欲がない時には食前でも構いません。なかなか毎回指示された時間通りにというわけにはいかないと思いますので、2,3時間程度のズレは気にする必要はありません。その時の状態をみて、お子さんの生活リズムを崩さないようにして下さい。また保育園等ではお昼にお薬を飲む事が難しいようですので、朝起きてから、保育園から帰ってすぐに、寝る前にと、このようなタイミングでよいと思います。

岩本:薬に関して、何かわからないことがあれば、薬剤師さんにお気軽にご相談いただければいいわけですね。
嶋田:そうですね。お薬をもらった際や、電話でもいいのでかかりつけの薬局にお気軽にご相談していただければいいと思います。

岩本:嶋田さんが、子育てマイスターに登録されるきっかけは何だったんですか。
嶋田:きっかけは姉の子供です。子育てで苦労しているのを見ていると、自分のもっている知識や技術で何かできることがあればと思ったからですね。まだまだ新人ですけど少しでも手助けができるとうれしいですし、達成感があってやりがいがあると思いました。

岩本:ありがとうございました。今日は子育てマイスターで薬剤師の嶋田沙織さんにお越しいただきました。どうもありがとうございました。
嶋田:ありがとうございました。



Posted by 篠田専務 at 10:13 コメント(0件)

2012.09.10

教えて!薬剤師さん2

平成24年9月6日 FBCラジオ「教えて。薬剤師さ~ん」の原稿です
 防災対策強化月間 災害時でのお薬手帳の必要性について
                       
9月は防災対策強化月間だそうです。それで、今回は災害時に役に立ったエピソードがあるお薬手帳についてお話させて頂きたいと思います。
皆さんは、病院へ行ってお薬を薬局でもらう時に、「お薬手帳は持ってますか?」と
聞かれた事はありませんか?
この「お薬手帳」、薬局では「他でもらってるお薬との飲み合わせを調べるのに使えます」とか、「お薬のアレルギー・副作用を記録しておくと安心です」と説明をさせて頂いていますが、実はこの「お薬手帳」にはもう一つの重要な役割があるんです。
それは、災害時でのお薬の情報管理です。
皆様の記憶にも新しい東日本大震災、被災された方々は様々な混乱の中、たいへんな苦労をされたことと思います。
いつも行ってる病院やお薬をもらってる薬局さえも被災し、毎日飲んでいたお薬も底をついてしまったら・・・。どうしたらいいでしょう?
ボランティアで薬剤師が回ってきて「普段飲んでいる薬の名前や飲み方はわかりますか?」と聞かれても、心労も絶えない中、皆さんなら自分が服用している薬の内容がスッと出てくるでしょうか?お薬の名前って殆どがカタカナで聞き慣れないものばかりですよね。
そんな中で活躍したのがお薬手帳でした。
お医者さんは、数えきれないほど多くの種類のお薬の中から、その人に合わせてお薬や量・飲み方を決めています。お薬手帳には、そんな一人一人のお薬全ての情報が記載されています。現に、東日本大震災の折には、お薬手帳を持っていなかった人は、持っていた人に比べると、お薬をもらうまで4時間以上も差があったそうです。

また、ご年配の方や肝臓・腎臓の機能が弱くなっていらっしゃる方は、お薬の副作用が出やすい可能性もありますのでそのような情報も記入しておくといいでしょう。
血液型やアレルギーがあればその有無を、合わなかったお薬の名前も書きこんでおく、そんなお薬手帳を1冊持っていれば混乱の中でもスムーズに安全な医療を受けることが出来るのです。
このように、うまく活用いただくことで、別の場所でも安心して医療が受けられるお薬手帳を防災という観点から、いざという時に自分の身を守る為、ご自身のお薬の情報を持ち歩けるように管理してはいかがでしょうか。
お薬手帳を作るのに、特に何も必要ありません。
薬局で一声かけて頂ければ、すぐにお作り出来ますのでお気軽に仰って下さいね。

 エンゼル調剤薬局 羽場 百合香


Posted by 篠田専務 at 15:32 コメント(0件)

2012.04.05

教えて!薬剤師さん

FBCラジオ 平成24年4月5日放送分の原稿です

教えて「薬剤師さ~ん」。
毎回、薬剤師の先生方に、薬にまつわる情報を教えていただいております。健康な生活づくりにお役立てください。
さて、今日スタジオにお越しになった先生をご紹介しましょう。
福井市薬剤師会副会長で エンゼル調剤薬局の
篠田 秀幸(しのだ ひでゆき)先生です。
お願いいたします。

吉川)今日は「調剤報酬の改訂」について伺っていきます。
篠田先生、この4月から診療報酬と介護報酬が変わったんですね。

篠田)はい、ニュースなどでご存知のように、この4月に診療報酬と介護報酬が変わりました。診療報酬とは病院や診療所の保険診療に伴う医療行為
などの対価のことです。保険薬局で院外処方せんによる調剤を行った場合
の費用を調剤報酬といい、こちらも4月に改訂になりました。
同時に薬価といわれる医療用医薬品の公定価格が引き下げられています。
このため、病院や薬局で患者さんが支払う一部負担金も若干変わることになります

吉川)調剤報酬改訂では、3つのポイントがあるそうですね・・・

篠田)今回の調剤報酬改訂では、厚生労働省から3つのポイントが示されてい
ます。
一つ目は在宅薬剤管理指導業務の一層の推進です。
二つ目は薬局における薬学的管理及び指導の充実があげられています。 
そして調剤報酬における適正化・合理化を行うことです。
この中で薬局における薬学的管理指導の充実について説明します

この番組でも何度かお話しさせていただいておりますが、薬局では
調剤したお薬が安全に正しく使われるよう管理指導を行っています。
今回の改訂ではさらに充実を図るため、お薬手帳を通じた情報提供、
飲み残しなどの残薬の確認、後発医薬品に関する情報提供を実施する
ことになりました。

吉川)改めて、お薬手帳が重要になってきているわけですね・・・
 
篠田)お薬手帳には主に薬剤名や用法・用量、副作用や相互作用に服用時の
注意事項等まで記されています。東日本大震災でいつも飲んでいる薬が
紛失してしまった場合でもお薬の情報がわかり、とても役にたったと言
われています。病院などで診察を受ける際には必ず持っていきましょう。
お薬が重なっていないか飲み合わせの悪いお薬がでていないかなど
チェックができますので、市販薬・健康食品なども書き込んでおきまし
ょう。いつどこの病院に行ったか、どんな薬を飲んだかの記録にもなり
ますし、今までにお薬を飲んで気分が悪くなったり、じんましん等の
副作用が出た人、食べ物でアレルギーのある人はお薬手帳に書き込んで
おくと、副作用を未然に防ぐことができます

吉川)お薬手帳は、他にいろいろな使い方がありますよね・・・

篠田)そうですね。例えばこんな使い方があります。
自宅での普段の血圧や体温、そのときの体調などを記入しておけば、
診察のとき伝え忘れもなくなります。特に診察室で緊張してしまう方に
おすすめです。もらった検査結果を貼っておくのもいいですね。
花粉症の症状が出た日を記入しておけば、来年のお薬開始の目安にもな
ります。また、お薬を飲んでいて、飲み忘れる・飲みにくい・薬を取り
出しにくいなど困ったことを書いておけば、医師・薬剤師が解決策を見
つけることもできます。
万一お薬手帳を持っていくのを忘れた場合でも、薬局でお薬の情報が
記載されたシールなどをお渡ししますので、ご自宅で忘れずに張りつけ
るようにしてください。
また、薬局や病院ごとに手帳を渡されて何冊にもなっている場合は、
かかりつけの薬局で一冊にまとめてもらいましょう。


では、なぞかけをひとつ!
『おくすり手帳』とかけまして
『夏休みのディズニーランド』とときます
そのココロは、
どちらも かきこみます(書き込みます・夏季混みます)


Posted by 篠田専務 at 15:47 コメント(0件)

52 件中 15 件目を表示 1 2 3 4 ...11
ヘルスケア情報


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る