ヘルスケア情報


2011.05.16

体内時計の不思議

体内時計って皆さんご存知ですよね?
朝起きたら日の光を浴びるとか、時差ボケとか聞いたことがあると思います。
私たち人間は「眠くなったら寝る」「お腹が空いたから食べる」という欲求に反応してるだけではなく、およそ24時間の周期で寝たり、起きたり、食べたりを繰り返す自立した仕組みを持ってい
るのです。
脳の中には、主となる時計と外の刺激でリズムが変化する時計とがあります。
主となる時計は、変わらない時計で朝日を浴びるとリセットされる時計です。
だいたい24時間より少し長いため、朝日でリセットする必要があるのです。
なので、リセットしないとだんだん遅れていってしまい、夜型になってしまいます。
まだ研究段階のようですが、朝型と夜型というのは遺伝子が関係してるらしいです。
他には外の刺激にあわせて変化する時計です。
食事の時間や寝る時間が変化するとその刺激でリズムを変えていくので、生活パターンはなるべく変えずに同じ方がいいようです。
朝きちんと起きても食事をとらない人は時計が夜型にひっぱられる傾向になりリズムが乱れます。
早いなら早い、遅いなら遅いと一致してればいいようです。
健康にも関わりが深く、仕事も一定のリズムで勤務するのがいいようで、夜勤だったり日勤だったりすると体内時計が乱れて病気になったり肥満になるリスクも高くなると言われてます。
なるべく規則正しい生活をすることですね。
できるだけ外にでて日の光を浴びて健康に過ごしましょう。
ただし、夜は光を浴びすぎないよう注意してください。
(宝永店 松本)


Posted by 北潟店

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

ヘルスケア情報


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る