全般


2009.10.06

健康とスポーツ

欲の秋ですね。
しかし食欲の秋を堪能していると…。
肥満やメタボリックという言葉に耳が痛くなってしまうことに。
自分の健康は自分で守ることが基本です。
まずは現在の自分の健康度を客観的に知り目標をもって有酸素運動や筋肉トレーニングなどをするのがいいですね。
≪自分のBMIを知ろう≫
健康診断の一つとしてBMIが肥満の検査としてよく使われます。
BMI=体重(Kg)/身長(m)の二乗で計算できます。
ぜひご自身のBMIを調べてみてください。
BMI=22が標準値で統計上最も病気にかかりにくい状態と言われています。
BMI25以上は肥満、18.5以下は低体重と判断されます。

健康診断でメタボリックシンドロームと診断された方、要注意の方もそうでない方も、老若男女を問わず筋肉トレーニングによって体質改善ができます。
≪筋肉トレーニング≫
日常の運動として簡単でバランスのよい3つのトレーニングをお勧めします。
1.腕立て伏せ:膝を床に着き、手を肩幅より少し広めについて行なう。
2.腹筋:仰向けで膝を立てて、おへそを覗き込む程度に頭を上げる。
3.スクワット:しゃがんだ時に膝頭がつま先より前に出ないようにする。
それぞれ10~15回/セットを週3回程度すると良いと言われています。

また健康を維持するためには持久力を高める有酸素運動が良いとされています。
≪消費カロリーの目安(30分継続)≫ 
ウォーキング:150kcal
水  泳  :200kcal
サイクリング:120kcal
ジョギング :200kcal
エアロビクス:250kcal

スポーツを始めようと決心した時は、まずメディカルチェックを受けることが重要です。
普段使っていない筋肉を動かすと筋肉痛が起こります。筋肉痛が発生しないように、またケガをしないよう、運動を始める前にはストレッチを含むウォーミングアップ体操、終わった後にはクールダウン体操を少なくとも5分間は行ってください。

無理をせず、ゆったりと健康維持・増進を目的にスポーツの秋を楽しんで運動の習慣をつけるとよいですね。
 (加賀店 小川美佐)


Posted by 篠田専務

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全般


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る