全般


2009.05.08

五月病

アカシアの花咲くころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、この時期になりますとやる気が出なかったり食欲が出なかったりされる方がいらっしゃるかもしれません。その症状が一般的に言われる五月病と言われるものです。心当たりのある方もいらっしゃると思います。
そもそも五月病とは、新しい環境に適応できない事による精神的な症状をまとめて五月病と言うそうです。最近増えている六月病というものもありますが同じものです。ストレスや疲労の蓄積により不眠、疲労感、やる気が出ないなどの症状が出てきます。普通は1〜2ヶ月で治まっていくのですが、治まらずに長引くとうつ病になることもある怖い病気なのです、名前のわりに。ですので食事やアルコールに頼りすぎず(摂食障害や急性アルコール中毒になる恐れがあるため)、症状が重い場合には精神科や心療内科にかかり長引かせないようにしましょう。
自分自身にも言えることですが一般にマジメで几帳面、内向的な人がなりやすい病気なので、焦らず、考えすぎず、悲観しないことが大切です。
食事にも注意しましょう。新生活とくに1人暮らしをするようになると、どうしても栄養が偏ってしまいます。普段はバランスのいい食生活をして、ストレスが加わるとたんぱく質が消耗されるため、赤身肉・卵・魚・大豆製品をとりましょう。また、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEも有効です。ビタミン、ミネラルの補給のため副菜を1食に2品程度は食べましょう。緑黄色野菜をたっぷりと(にんじん、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、トマトなど)、さらに神経の興奮を抑えるカルシウムやマグネシウムを摂る事も効果的なので牛乳も飲むようにしましょう。
この時期に増えてくる病気なので皆さんの周りにもそういった方が出てくるかもしれません。そのときには「がんばれ」と言わず(むしろ逆効果です。)その方の話をとにかく聞く聞き役に回ってあげてください。
  (堀の宮店 寺谷 圭祐)


Posted by 堀ノ宮店

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全般


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る