全般


2010.09.04

医食同源

旬の食材は美味しく栄養価も高いのでぜひ味わいたいものですね。
残暑が厳しいですが、この時期旬を迎える梨の栄養と健康効果について
お話したいと思います。


梨の健康効果
夏の日差し、冷房からのダメージを受け肌あれが気になる時や勉強やスポーツの前には
最適の食べ物です。
梨の果肉は約90%が水分で甘味はショ糖・果糖でリンゴ酸やクエン酸を含んでいます。

梨の効用と成分
*熱を下げたり咳を鎮める:カテキンや糖アルコールによる効果
*血圧を下げる利用作用:カリウムにより塩分を体外に排出する効果
*便秘解消:食物繊維により腸を刺激する効果
*二日酔いに効く:タンニンによりアルコールを排出する効果
*疲労回復:アスパラギン酸・リンゴ酸・クエン酸による効果
*肉料理の消化を助ける:プロテアーゼによる効果
*美肌効果:ミネラルによる効果

昔から「梨は百果の長」とも呼ばれています。
手軽に利用できるサプリメントも良いですが、旬の食材を取り入れて
今年の猛暑を乗り切ってみてはいかがですか。
 (加賀店 小川)


Posted by 北潟店

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全般


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る