全般


2012.04.05

教えて!薬剤師さん

FBCラジオ 平成24年4月5日放送分の原稿です

教えて「薬剤師さ~ん」。
毎回、薬剤師の先生方に、薬にまつわる情報を教えていただいております。健康な生活づくりにお役立てください。
さて、今日スタジオにお越しになった先生をご紹介しましょう。
福井市薬剤師会副会長で エンゼル調剤薬局の
篠田 秀幸(しのだ ひでゆき)先生です。
お願いいたします。

吉川)今日は「調剤報酬の改訂」について伺っていきます。
篠田先生、この4月から診療報酬と介護報酬が変わったんですね。

篠田)はい、ニュースなどでご存知のように、この4月に診療報酬と介護報酬が変わりました。診療報酬とは病院や診療所の保険診療に伴う医療行為
などの対価のことです。保険薬局で院外処方せんによる調剤を行った場合
の費用を調剤報酬といい、こちらも4月に改訂になりました。
同時に薬価といわれる医療用医薬品の公定価格が引き下げられています。
このため、病院や薬局で患者さんが支払う一部負担金も若干変わることになります

吉川)調剤報酬改訂では、3つのポイントがあるそうですね・・・

篠田)今回の調剤報酬改訂では、厚生労働省から3つのポイントが示されてい
ます。
一つ目は在宅薬剤管理指導業務の一層の推進です。
二つ目は薬局における薬学的管理及び指導の充実があげられています。 
そして調剤報酬における適正化・合理化を行うことです。
この中で薬局における薬学的管理指導の充実について説明します

この番組でも何度かお話しさせていただいておりますが、薬局では
調剤したお薬が安全に正しく使われるよう管理指導を行っています。
今回の改訂ではさらに充実を図るため、お薬手帳を通じた情報提供、
飲み残しなどの残薬の確認、後発医薬品に関する情報提供を実施する
ことになりました。

吉川)改めて、お薬手帳が重要になってきているわけですね・・・
 
篠田)お薬手帳には主に薬剤名や用法・用量、副作用や相互作用に服用時の
注意事項等まで記されています。東日本大震災でいつも飲んでいる薬が
紛失してしまった場合でもお薬の情報がわかり、とても役にたったと言
われています。病院などで診察を受ける際には必ず持っていきましょう。
お薬が重なっていないか飲み合わせの悪いお薬がでていないかなど
チェックができますので、市販薬・健康食品なども書き込んでおきまし
ょう。いつどこの病院に行ったか、どんな薬を飲んだかの記録にもなり
ますし、今までにお薬を飲んで気分が悪くなったり、じんましん等の
副作用が出た人、食べ物でアレルギーのある人はお薬手帳に書き込んで
おくと、副作用を未然に防ぐことができます

吉川)お薬手帳は、他にいろいろな使い方がありますよね・・・

篠田)そうですね。例えばこんな使い方があります。
自宅での普段の血圧や体温、そのときの体調などを記入しておけば、
診察のとき伝え忘れもなくなります。特に診察室で緊張してしまう方に
おすすめです。もらった検査結果を貼っておくのもいいですね。
花粉症の症状が出た日を記入しておけば、来年のお薬開始の目安にもな
ります。また、お薬を飲んでいて、飲み忘れる・飲みにくい・薬を取り
出しにくいなど困ったことを書いておけば、医師・薬剤師が解決策を見
つけることもできます。
万一お薬手帳を持っていくのを忘れた場合でも、薬局でお薬の情報が
記載されたシールなどをお渡ししますので、ご自宅で忘れずに張りつけ
るようにしてください。
また、薬局や病院ごとに手帳を渡されて何冊にもなっている場合は、
かかりつけの薬局で一冊にまとめてもらいましょう。


では、なぞかけをひとつ!
『おくすり手帳』とかけまして
『夏休みのディズニーランド』とときます
そのココロは、
どちらも かきこみます(書き込みます・夏季混みます)


Posted by 篠田専務

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全般


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る