全般

2009.09.06

覚醒剤について

☆はじめに
みなさんは最近、有名人が覚醒剤取締り法違反容疑等で逮捕されるというニュースをテレビでよく見るのではないでしょうか?そこで覚醒剤関係について少々書いてみようと思いました。

・覚醒剤とは??
 脳神経系に作用して、心身の働きを一時的に活性化する働きをもつ薬のことをいいます。アンフェタミン・メタンフェタミン及びその各塩類、もしくはこれらの物と同種の覚醒作用を有する物であって政令で指定するもの並びにこれらの物のいずれかを含有する物が覚醒剤として覚醒剤取締り法で規制されています。

・覚醒剤の歴史
日本では昭和16年に軍隊で疲労回復目的や夜間の監視任務を負った戦闘員・夜間戦闘機搭乗員の視力向上目的に使用されていました。当時は軍が覚醒剤の情報を持っていたため、医学・薬学の研究者は覚醒剤の有害作用について気付きませんでした。また、薬局では印章さえ持って行けば誰でも購入可能であったため乱用者が増加しました。

・服用した場合
 自信の活動欲求が高まり、どんな面倒で細かい作業でもやりたいという気持ちになります。また、頭が覚醒状態になり爽快な気分になります。しかし、この状態が3時間程続くと徐々に効果がなくなってきます。この快感を保つために覚醒剤を定期的に使用するようになっていくようです。

・副作用
血圧上昇・発汗・喉の渇き・食欲低下・不眠・便秘等さまざまな症状が現れてきます。
また、長期連用により幻覚・幻聴・妄想・意欲低下・精神的依存による禁断症状が現れ・最後には死亡します。精神的依存による耐えがたい不快感や苦痛は覚醒剤使用により緩和できるようですが、繰り返すことにより耐性ができて効きにくくなり、依存状態はより強力になっていきます。
さらに、途中でうまく覚醒剤使用を中止できても数年後に覚醒剤使用時の感覚が生じることがあり再び使用してしまうケースもあります(フラッシュバック)。

☆おわりに
覚醒剤により神経細胞が傷ついてしまうと損傷を治す薬はなく、ずっと苦しみ続けなければなりません。
また、覚醒剤初犯者の約9割が覚醒剤の強い依存性により再犯者となっています。
覚醒剤が簡単に手に入る時代になってしまいましたが、各個人が自身の体を大切にし一度も使用しないと強い意志を持ち続けていけば乱用者も減るのではないでしょうか?

(武生店 東田 陽)


Posted by 武生店 at 10:00 コメント(0件)

2009.08.10

夏風邪対策

甲子園の高校野球が始まる時期になりました。夏でも子供さんが風邪をひかれる方が結構います。子供さんの風邪薬をお渡しする際にいろいろ質問される内容をまとめてみました。

「熱さましの使い方」
熱がでたから、熱さましを使わなければいけないなどと言うことはありません。風邪の熱だけで脳に障害が残ることはありません。熱にはウイルスの増殖を押さえ、抗体を作る働きがありますので、熱さましはそのじゃまをしてしまうことになります。熱さましを使うと発熱日数が長引くという報告もあります。ですから、熱さましは、38℃以上でつらそうにしていたら使ってあげても良いですが、38℃以上でもケロッとしているような時は使わなくても大丈夫です。熱さましには、病気を治す力はなく、一時的に熱を下げるだけの働きしか持っていません。熱が高い事=重症とは限りませんので、熱を下げることばかりに気を取られないようにしましょう。また、熱さましは種類によって多少違いますが、使っても一日2〜3回までが原則ですので、最低でも6〜8時間くらいあけて使うようにしてください。
「坐薬は強い?」
ときどき、熱さましで「坐薬はつよいので・・・」ということを耳にします。坐薬だから強いということはありません。同じお薬を同じ量使えば、飲み薬も坐薬も効き目は同じです。ただ、坐薬の中には飲み薬の2回分をまとめて1回分として使うように作られているものもありますので、強いという印象を与えるのかもしれません。吐き気を伴っているときには坐薬を使い、下痢の時や坐薬をきらう子の場合には飲み薬を使うのが良いと思います。坐薬は量の調節が難しいが常備できるのに対し、飲み薬の場合は量はその子の体重にびったりの量で作れます。一方飲み薬の中で水薬は長くとっておけないなどそれぞれ利点・欠点がありますので、それぞれの特徴を生かした使い方が大切かと考えます。
 
________________________________________
「風邪とおふろ」
「風邪をひいたらお風呂はダメ」というのが、昔は常識でした。でも、今は違います。風邪気味でも熱がなければお風呂に入ってかまわないのです。一日を通して37.5℃以下でしたら、湯冷めに気をつけてお風呂に入れてあげてください。お風呂の蒸気はのどに適度の湿り気を与え、皮膚を清潔にして新陳代謝を高め、さっぱりすることでぐっすり寝られるなどお風呂に入ることの利点が見直され、最近では「風邪気味=お風呂はダメ」という従来の考え方は否定されています。
「下痢の時の食事の注意について」
 まだ、乳飲み子の場合、母乳の場合は一回に与える量を減らしてください。ミルクの場合はできるだけうすめてください(できれば半分くらいまでうすめてほしいのですが、うすめすぎるとのまなくなりますので、のむ範囲でだきるだけうすく)。
 食事の内容は、消化の良い脂肪の少ないものにしてください。食事の内容は下記を参考にしてください(大人でもおなじです)。よく離乳食をやめてミルクにしていたということを耳にしますが、離乳食が十分食べれるのなら、ミルクより離乳食が下痢の時には好ましいので、ご注意ください。
 ------------------------------------------------------------
  下痢の時、好ましい食事       下痢の時、禁止するもの
   *野菜スープ・おろしたリンゴ    *コーラ・サイダー
   *うどん・パン・おかゆ       *牛乳・コーヒー
   *湯ざまし・うすい番茶       *牛肉・豚肉・ごはん
   *スポーツ飲料(冷たくしないで)  *ケーキ類・菓子・アイス
   *豆腐・卵・白身魚 
 ------------------------------------------------------------
「副腎皮質入りの塗り薬ってこわいの?」
 確かに、副腎皮質入りの塗り薬には副作用がいろいろとあります。カビをはやしてしまったり、皮膚がカパカパになってしまったり、長期間使っていると全身的な副作用も起こってきます。しかし、最近のマスコミによる報道などでは、あまりにこの副作用のみが強調されすぎているような気がします。確かに副作用はありますが、きちんとした管理の元に使えば決してこわいものではありません。主治医の指示にしたがって、上手に使って上げるのがお母さんの役目かと思います。

 (織田店 矢納真吾)


Posted by 織田店 at 10:00 コメント(0件)

2009.07.06

あなたに最適な日焼け止めは?

先日マイケルジャクソンが亡くなったニュースを見て思った。
マイケルジャクソンは黒人でありながら何ゆえ肌が白い?何ゆえ白人にあこがれたのか?
真っ黒く焼けている松崎しげるはどうかと思うが、こんがり焼けているビーチバレーの浅尾みわ選手は健康そうで自分は好きです。しかしこれからの時期直射日光が強くなり、女性にとっては大変な時で日焼け止めがかかせない時期であります。
今回は、日焼け止めについて少々お付き合いください。
紫外線は波長の長い方からUVA・UVB・UVCに分けることができます。
人間にとってどれもよいものではないのですが、波長の短いものが人間に最も悪いものです。
ちなみに床屋にある紫外線殺菌機(くしなどが入っている)はUVCです。
さて日焼け止めのクリームなどに記載されている SPF15とかPA++この数字は何かというと SPF:太陽からの紫外線をどれだけ防ぐことができるかを表す数値です。
UVBを素肌にあびてからどれくらいで赤くなるかを計りますその時間が30分とすると
SPF15なら 30分×15=450分(7時間30分)UVBをあびても赤くならないこと意味しています。
次にPA++ PAとは曇りの日の紫外線対策の数値で、紫外線UVAに対する数値です。
日が出ていないのに1・2時間外にいて、焼けた経験があると思います。
これがUVAの日焼けで、長年の日焼けがシミ・皮膚がんの原因になります。
+が1つでその日焼けを2倍延長させます。+が2つで4倍3つで8倍延長させます。
ちなみに日焼けサロンはUVAの照射です。

小さい時 母親からテレビばかり見てないで外で日光浴でもしてきなさいとよく怒られたものでしたが、日光浴は体の抵抗力を低下させるためあまりよくありません。外でいっぱい日を浴びた後は、十分に休養をとるようにしてください。
 (本店 梅木誠一郎)


Posted by 本店 at 19:00 コメント(0件)

2009.06.10

日焼け対策は万全ですか?

これから日差しが強くなり日焼けが気になる季節になりましたね。
紫外線は肌だけでなく、目にも影響をあたえるんですよ。目の日焼け対策は忘れがちではないですか?
紫外線にはA波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)の3つに分けられます。日常で日焼けを起こす原因となるのはA波とB波になります。C波はオゾン層に遮られ地上には届きません。
UVAは目の奥の水晶体まで届きますし、UVBは目の表面にある角膜に炎症を起こします。
紫外線が原因とも言われてる目の病気は、白内障(加齢によるのがほとんどですが)や翼状片(白目の組織が異常に増えて黒目に侵入してくる病気)などがあります。
目の紫外線吸収量は(太陽からの紫外線を100%とした場合)何もしない約70%、帽子または日傘約50%、サングラスをかける約20%、帽子とサングラス約10%、家の中約5%と言われています。
外出時は帽子や日傘を利用し、サングラスもUVカットのものを選びましょう。
そして強い日差しをあびた後は、目を冷やしたり、アフターケア用の目薬をさすことをお勧めします。
 (宝永店 松本万紀子)


Posted by 宝永店 at 11:00 コメント(0件)

2009.05.08

五月病

アカシアの花咲くころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、この時期になりますとやる気が出なかったり食欲が出なかったりされる方がいらっしゃるかもしれません。その症状が一般的に言われる五月病と言われるものです。心当たりのある方もいらっしゃると思います。
そもそも五月病とは、新しい環境に適応できない事による精神的な症状をまとめて五月病と言うそうです。最近増えている六月病というものもありますが同じものです。ストレスや疲労の蓄積により不眠、疲労感、やる気が出ないなどの症状が出てきます。普通は1〜2ヶ月で治まっていくのですが、治まらずに長引くとうつ病になることもある怖い病気なのです、名前のわりに。ですので食事やアルコールに頼りすぎず(摂食障害や急性アルコール中毒になる恐れがあるため)、症状が重い場合には精神科や心療内科にかかり長引かせないようにしましょう。
自分自身にも言えることですが一般にマジメで几帳面、内向的な人がなりやすい病気なので、焦らず、考えすぎず、悲観しないことが大切です。
食事にも注意しましょう。新生活とくに1人暮らしをするようになると、どうしても栄養が偏ってしまいます。普段はバランスのいい食生活をして、ストレスが加わるとたんぱく質が消耗されるため、赤身肉・卵・魚・大豆製品をとりましょう。また、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEも有効です。ビタミン、ミネラルの補給のため副菜を1食に2品程度は食べましょう。緑黄色野菜をたっぷりと(にんじん、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、トマトなど)、さらに神経の興奮を抑えるカルシウムやマグネシウムを摂る事も効果的なので牛乳も飲むようにしましょう。
この時期に増えてくる病気なので皆さんの周りにもそういった方が出てくるかもしれません。そのときには「がんばれ」と言わず(むしろ逆効果です。)その方の話をとにかく聞く聞き役に回ってあげてください。
  (堀の宮店 寺谷 圭祐)


Posted by 堀ノ宮店 at 10:00 コメント(0件)

34 件中 1620 件目を表示 1 2 3 4 5 6 7
全般


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る