専務のため息


2009.10.14

お薬の飲み忘れや飲み方について、薬剤師さんに相談しましょう

2009年10月14日 提供:毎日新聞社


薬:服用中断「勝手に」7割 適正使用呼び掛け--製薬会社など調査



 医師に処方された薬について7割の人が服用を途中でやめた経験があり、4割が家族の飲み残しを服用した経験がある--。製薬会社などで作る「くすりの適正使用協議会」が今年8月、インターネットで小中学生の保護者600人を対象に調査したところ、こんな結果が出た。決められた量を飲み切らないと逆効果になる薬もあり、協議会は正しい服用を呼び掛けている。

 調査では、子供の薬に関しては9割以上が目の前で薬を飲ませるなど、間違った服用をしないよう気を付けていたが、自分の薬では飲み残しを72%、家族の余りの服用を40%が「したことがある」と回答。いずれも7割以上が専門家に相談せず自己判断していた。日本茶やスポーツドリンクなど水以外で薬を服用したことがある人も67%に上った。

 同協議会によると、血圧降下剤の場合、血圧が下がった時点で「改善した」と判断して服用をやめると血圧が再上昇する恐れがある。抗生物質などの抗菌薬は、服用中断により生き残った病原菌が耐性化して治療が難しくなる危険がある。鎮痛剤やせき止め薬は、カフェインの入った飲み物と一緒に服用すると効果が弱まる。

 医薬品の副作用に関しては国の健康被害救済制度があるが、処方通りに服用していないと救済は受けられない。年間約3万件の副作用報告に対し、給付決定が1000件に満たない状態が続いている。【清水健二】

私も先日抗生剤と痛み止めを1週間分21錠もらって、コンプライアンスに気をつけていましたが、1週間後に6錠残ってしまいました。昼飯時に忘れるよね。(´ι _`  )アッソ 食卓においておくのが私には飲み忘れ防止になったよ


Posted by 篠田専務

コメント

コメントの投稿
名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

専務のため息


RSS2.0

login



ページの先頭へ戻る